ダブルベッド 運搬 費用

ダブルベッドの運搬費用を安く運んでもらう方法を簡単に解説

ベッド 運搬

ベッド 運送

ベッド 配送

ベッド 輸送

ベッド 運搬費用

 

大きなダブルベッドの引越しにお困りですか?

 

引越しの時、ダブルベッドはどうやって運んでいるのでしょう?
実は引越し業者は一度分解して運び、再び組み立てるのだそうです。

 

な〜んだ・・・と思われるかもしれませんが、この作業を自分でやるとなると大変です。

 

分解して運ぶだけでなく、新居で組み立てるわけですから簡単ではありません。

 

それにダブルベッドのマットレスは畳めませんので、そのまま運び出さなければなりません。

 

ベッドを運ぶことが出来る業者には、@便利屋・A家財便を扱う宅配業者・B引越し業者などが考えられます。

 

@便利屋は時間によって料金が上がる料金形態なので、家の中やごく近所への運搬にオススメです。

 

A宅配業者の中でも家財便を扱うところは大手くらいなので、ライバルが少ない分運搬費用はやや高めです。

 

B引越し業者は数が多いのですが、距離によって運搬費用が異なるためホームページに費用の記載がほとんどありません。
見積もりを取って比較するしか方法がないのです。

 

実は引越し業者には、ダブルベッドなどの大きな家財だけを運んでくれるサービスもありますので、まずは見積もりを取ってどの方法で運搬するか決めてはいかがでしょう?
引越し業者はベッドだけ運んで欲しい時も一括見積もりすることができます。

 

ベッド 運搬

 

一番安くダブルベッドを運んでくれる業者をさがすこともできます。
相場も簡単にわかりますので、引越しの後で「損してしまった!」ということもありません。

 

簡単便利なうえに利用料は無料ですので、賢く利用してくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの繁忙期は避けよう

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があります。
この時期の引越し費用は、通常期よりも高いのでダブルベッドのみを運びたいときも繁忙期は避けたほうがいいです。

 

では繁忙期とはいつのことでしょうか?
繁忙期とはズバリ3月のことです。

 

3月は4月からの新学期に向けて、新大学生や新社会人が一斉に引越しをする時期なのです。

 

それに加えて春の人事異動で転勤の辞令が出たサラリーマンの家族や単身赴任をする人の引越しも重なります。

 

これに通常の引越しも重なりますので、3月はそれはもうてんやわんやの忙しさなのです。
そのため引越し業者もスタッフを増員したり、時間を延長してこなそうと頑張ってくれますから、費用が高めになってしまうのです。

 

それでも日によっては断らざる得ない予約が入ることもあります。

 

繁忙期に引越しをするなら、新居がきまったらすぐに一括見積もりをして一番良いと思う業者と契約しておきましょう。

 

見積もりだけしていざ予約しようと思ったらいっぱいだったなんてこともあります。
繁忙期は乗り遅れないように頑張ってくださいね。

 

 

引越し費用を安くできないか考える

 

引越し安く

 

引越し費用、できれば安いほうが嬉しい。
一括見積もりをすれば一番安い業者を探すことはできるけど、もっと安くはできないか考えてみました。

 

まず引越しの荷物の中に無駄なものは含まれていないか確認してください。
使えない壊れた家電、流行おくれの服、古い家具などは断捨離しましょう。

 

不用品でも新居に運ぶとなるとその分の費用がかかって本当にもったいないです。

 

 

土日祝日の引越しと平日の引越しなら、平日の引越しの方が割引があるので安くなります。
仕事を休まずに引越しをしたい人が多いですから、土日祝日は予約が平日よりも多くなるので割引がほとんど出来ないのです。
平日に引越しが出来るならそちらが断然オススメです。

 

では時間はどうでしょう?
午前と午後、多くの人が午前中を選びます。
午前中から荷物を新居に運び入れて午後から荷解きをしたいですよね。
午後便や時間を指定しないフリー便は引越し業者にとってはありがたいので、割引対象となり費用が安くなるかもしれません。

 

 

ベッドをレンタカーのトラックで運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

レンタカーのトラックを借りて、自分でベッドを運んだら、費用は安くなるのか気になりませんか?
いろいろな面でシュミレーションしてみましょう。

 

まず普通免許で運転できるトラックは2t未満ですから、1tトラックか1.5tトラックか軽トラックのいずれかになります。
それぞれの荷台の大きさはおおよそ以下のとおりです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmですから、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。

 

小さなベッドならそのまま運べるかもしれませんが、大きいベッドはやはり一度分解して運んで再び組み立てなければなりません。

 

ちなみにトラックのレンタル料はどれも1日7000円〜10000円ほどかかります。
最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりませんので、使った分のガソリン代がかかることになります。

 

近距離の配送であれば1日もあれば充分ですが、遠距離の時は1日で返却までするのは大変なので自分で運ぶメリットは少なくなります。

 

レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、その分結構高額な手数料がかかります。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

引越し業者のオプションサービスとは?

 

引越し オプションサービス

 

引越し費用は、人件費と交通費とオプション費から成り立ちます。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費というのはわかりますが、ではオプション費用というのは何でしょう?

 

引越し業者が行っている有料オプションは以下のようなものの事を差します。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

これらはすべて必要な人だけが選んでカスタマイズできるものです。

 

一番依頼の多いエアコンの移設は、まず電器屋さんに依頼してエアコンを室外機から取り外してもらわねばなりません。
旧居で1回、新居で1回の計2回も電器屋さんに来てもらう必要があるので、かなり面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きく、そして高価な楽器のため破損を恐れて取り扱いをしていない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

家のリフォームや建て直しで家財を預かってもらうサービス、新居に入居する前に盗聴器がないかチェックをしてもらうサービスなど多岐にわたります。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミ

 

粗大ゴミを捨てるのが億劫で、ついつい家の中の置き去りにされることもあります。

 

引越しはそんな粗大ゴミを処分する大チャンスでもあります。
ベッドを捨てたいときはまず分解してノコギリで小さく切って、50センチ以下に収まれば普通の燃えるゴミで出すことができます。
しかし結構な手間がかかりますから、粗大ゴミとして処理施設に有料で回収に来てもらうか自分で持って行くほうが簡単かもしれません。
お住まいの自治体によって処分方法が異なりますが、だいたいの手順を記載しておきます。

 

施設の名前は自治体によって異なりますが、まずはクリーンセンターやリサイクルセンターなどの粗大ゴミの処理施設に電話で予約をします。
回収に来てもらう場合はスーパーやコンビニで「粗大ゴミシール」を買って粗大ゴミに貼り付けます。
これは回収手数料なので、粗大ゴミ1つにつきシール1枚を貼る必要があります。
そして時間までに収集場所に出しておきます。

 

シールの料金は処分したい粗大ゴミによりますので、HPで料金を確認しておきましょう。

 

自分で粗大ゴミを施設まで持って行っても大丈夫です。
この場合も電話予約はしてくださいね。どんなゴミを何個捨てたいのか聞かれますから、メモを作っておきましょう。
自分で持っていくのすから手数料、つまり粗大ゴミシールは貼る必要はありません。

 

粗大ごみの中に家電リサイクル法で定められた家電があるかもしれません。
家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店に連絡をして有料で引き取ってもらう必要があります。

 

もし新しく買い替えをする場合は、その家電量販店で処分してもらえるか確認しましょう。
もしこれらの家電を購入したお店が近くない場合、すでに無い場合はお住いの自治体に相談してください。

 

 

ダブルベッドの運び方

 

ダブルベッドは大きいので、どんな部屋でもそのまま運び入れるというのは難しいですね。
おそらく枠の部分は分解して運ぶところがほとんどです。

 

マットレスは折りたたむことが出来ませんので、梱包したらそのままトラックに積んで運ばれます。

 

ダブルベッドだけでなく、引き出し付きのベッドや2段ベッドなどもそのまま運ぶのは難しいので分解されます。

 

パイプベッドなど半分に折りたためるベッドの運搬は簡単ですね。
ベッドを買う時にこの先引越しはあるのかないのかなども考慮して買うと良いですね。

 

ベッドの種類は結構あります

家具屋に行きますと、ベッドの種類は結構あります。

 

シングルベッド、ダブルベッド、2段ベッド、3段ベッド、ソファーベッド、ウォーターベッド、パイプベッドやベビーベッドなんかもありますね。

 

軽くて折りたためるものは運ぶのも手間がありませんが、そのほかは結構大きいですし重さもあります。
引越しするまではどうやって運んでいるのだろうと疑問に感じたものです。

 

しかし、ベッドは分解して運ぶと聞いて合点がいきました。

 

ベッドは分解して運ぶ

 

 

そのまま出すとなるとベランダから吊り下げたり、吊り上げなければなりませんものね。
そんな光景、あまり見たことないなと思っていたのです。

 

一度バラバラに分解して新居で組み立てる・・・何気に大変な作業じゃありませんか!
素人ではおそらくまるごと1日かかってしまいそうな、そんな作業ですね。

 

ベッドだけを運んでもらう人、大きな家財だけを運んでもらうひと、いろいろな方法でみなさん引越しされています。
引越し費用と相談しながら、最適なベッドの運搬方法をお考えくださいね。