ダブルベッド 運搬 費用

ダブルベッドの運搬費用を安く運んでもらう方法を簡単に解説

ダブルベッド 引越し

ダブルベッド 引っ越し

ダブルベッド 運ぶ

ダブルベッド 移動

ダブルベッド 配送

ダブルベッド 郵送

 

大きなダブルベッドの引越しにお困りですか?

 

引越しの時、ダブルベッドはどうやって運んでいるのでしょう?
実は引越し業者は一度分解して運び、再び組み立てるのだそうです。

 

な〜んだ・・・と思われるかもしれませんが、この作業を自分でやるとなると大変です。

 

分解して運ぶだけでなく、新居で組み立てるわけですから簡単ではありません。

 

それにダブルベッドのマットレスは畳めませんので、そのまま運び出さなければなりません。

 

実は引越し業者には、ダブルベッドなどの大きな家財だけを運んでくれるサービスもあります。

 

そんなサービスがある引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一番安くダブルベッドを運んでくれる業者をさがすこともできます。
相場も簡単にわかりますので、引越しの後で「損してしまった!」ということもありません。

 

簡単便利なうえに利用料は無料ですので、賢く利用してくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

ベッドの種類は結構あります

家具屋に行きますと、ベッドの種類は結構あります。

 

シングルベッド、ダブルベッド、2段ベッド、3段ベッド、ソファーベッド、ウォーターベッド、パイプベッドやベビーベッドなんかもありますね。

 

軽くて折りたためるものは運ぶのも手間がありませんが、そのほかは結構大きいですし重さもあります。
引越しするまではどうやって運んでいるのだろうと疑問に感じたものです。

 

しかし、ベッドは分解して運ぶと聞いて合点がいきました。

 

ベッドは分解して運ぶ

 

 

そのまま出すとなるとベランダから吊り下げたり、吊り上げなければなりませんものね。
そんな光景、あまり見たことないなと思っていたのです。

 

一度バラバラに分解して新居で組み立てる・・・何気に大変な作業じゃありませんか!
素人ではおそらくまるごと1日かかってしまいそうな、そんな作業ですね。

 

ベッドだけを運んでもらう人、大きな家財だけを運んでもらうひと、いろいろな方法でみなさん引越しされています。
引越し費用と相談しながら、最適なベッドの運搬方法をお考えくださいね。

 

 

 

ダブルベッドの運び方

 

ダブルベッドは大きいので、どんな部屋でもそのまま運び入れるというのは難しいですね。
おそらく枠の部分は分解して運ぶところがほとんどです。

 

マットレスは折りたたむことが出来ませんので、梱包したらそのままトラックに積んで運ばれます。

 

ダブルベッドだけでなく、引き出し付きのベッドや2段ベッドなどもそのまま運ぶのは難しいので分解されます。

 

パイプベッドなど半分に折りたためるベッドの運搬は簡単ですね。
ベッドを買う時にこの先引越しはあるのかないのかなども考慮して買うと良いですね。

 

 

引越しの繁忙期は避けよう

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があります。
この時期の引越し費用は、通常期よりも高いのでダブルベッドのみを運びたいときも繁忙期は避けたほうがいいです。

 

では繁忙期とはいつのことでしょうか?
繁忙期とはズバリ3月のことです。

 

3月は4月からの新学期に向けて、新大学生や新社会人が一斉に引越しをする時期なのです。

 

それに加えて春の人事異動で転勤の辞令が出たサラリーマンの家族や単身赴任をする人の引越しも重なります。

 

これに通常の引越しも重なりますので、3月はそれはもうてんやわんやの忙しさなのです。
そのため引越し業者もスタッフを増員したり、時間を延長してこなそうと頑張ってくれますから、費用が高めになってしまうのです。

 

それでも日によっては断らざる得ない予約が入ることもあります。

 

繁忙期に引越しをするなら、新居がきまったらすぐに一括見積もりをして一番良いと思う業者と契約しておきましょう。

 

見積もりだけしていざ予約しようと思ったらいっぱいだったなんてこともあります。
繁忙期は乗り遅れないように頑張ってくださいね。

 

 

引越し費用を安くできないか考える

 

引越し安く

 

引越し費用、できれば安いほうが嬉しい。
一括見積もりをすれば一番安い業者を探すことはできるけど、もっと安くはできないか考えてみました。

 

まず引越しの荷物の中に無駄なものは含まれていないか確認してください。
使えない壊れた家電、流行おくれの服、古い家具などは断捨離しましょう。

 

不用品でも新居に運ぶとなるとその分の費用がかかって本当にもったいないです。

 

 

土日祝日の引越しと平日の引越しなら、平日の引越しの方が割引があるので安くなります。
仕事を休まずに引越しをしたい人が多いですから、土日祝日は予約が平日よりも多くなるので割引がほとんど出来ないのです。
平日に引越しが出来るならそちらが断然オススメです。

 

では時間はどうでしょう?
午前と午後、多くの人が午前中を選びます。
午前中から荷物を新居に運び入れて午後から荷解きをしたいですよね。
午後便や時間を指定しないフリー便は引越し業者にとってはありがたいので、割引対象となり費用が安くなるかもしれません。